So-net無料ブログ作成

MacBook Pro 2018 13″ TB Boot CampでeGPU(外付けGPU)を試す ( 外付けSSD起動 boot camp ) [Mac]

※この記事は、試行錯誤の過程を記したものであり、何らかの動作の保証を行うものではありません。

2018年の年末、WindowsデスクトップとMacの更新時期が迫り、いろいろ検討した結果、
2018年に更新された、MacBook Pro 13インチ Touch Bar モデルを導入することにした。

結局、CTOでカスタマイズし、SSDが256GBのモデルを選択したのだが、これは、512GB程度の外付けSSDを繋げれば、Windowsなどを全部そちらに入れることができるので、容量の問題は起きないだろうとの目論見であった。





実際には、下記のページなどを参照し、外付けSSDにWindows 10をインストールしていったのだが、
思わぬところでつまづいた。

MacBook Proで外付けSSDからWindows 10を起動する
https://blue1st.hateblo.jp/entry/2018/02/18/061620

2018年に購入した最新のMacには、Apple T2 セキュリティチップが搭載されており、
少なくとも「外部起動」を許可する必要があった。(後ほど、eGPUの設定の関係で、安全な起動の設定も変更することになった。)

「安全な起動」について
https://support.apple.com/ja-jp/HT208330#nosecurity

そして、このMacBook Proでは、eGPU(外付けGPU)を使ってゲームもするつもりであったので、
Razor Core X と、Radeon RX 580 も購入した。






PowerColor ビデオカード AMD RADEON RX580搭載 AXRX580 8GBD5-3DHG/OC

PowerColor ビデオカード AMD RADEON RX580搭載 AXRX580 8GBD5-3DHG/OC

  • 出版社/メーカー: POWERCOLOR
  • メディア: Personal Computers



※なお、Razor Core Xは6kgくらいあるので、持ち帰る場合はキャリカート、配送にしたら重量物として扱われるので注意である。秋葉原のTSUKUMOのRazor Shopで購入可能。

実際に繋いでみたら、問題が発生して動作しなかった。

問題点1:eGPUをつないだままだと、Windowsが起動しない

eGPUをThunderboltで接続し、電源を入れた状態でWindowsを起動しようとすると、
ログオン画面までたどり着けないようだ。

この問題については、下記を参照に、rEFIndを導入することで解決した。

eGPU でどこまでゲームが速くなるか?
http://battleformac.blog.jp/archives/52437855.html#bootwithegpu

問題点2:エラーコード12が出て、eGPUが起動しない

rEFIndの導入で、ログオンまでできるようになったが、デバイスマネージャーのRX580の項目に、
「このデバイスが使用できる空きリソースが不足しています(コード12)」が出て利用できなかった。
いわゆる、error 12 (This device cannot find enough free resources that it can use)の問題である。

これについては、下記を参照に接続方法と設定を変えて、動作に成功した。

https://egpu.io/forums/builds/mid-2018-13-macbook-pro-touchbar-rx-vega-5632gbps-tb3-mantiz-venus-w10-1803-theitsage/

MacBook Pro 2018 13inch TouchBarのケースで、”Complete Boot Camp driver installation then open Device Manager to disable PCI Express Root Port #9 - 9DB0 (to right Thunderbolt 3 ports) [in Windows]”とある。

ということで、本体の右側のUSB-Cポートに接続していた物を全部はずし、
本体の左側のUSB-Cポートのみを使うようにした。Razor Core Xは、左側のディスプレイに近いポートに接続し、左側のディスプレイから遠いポートにUSBハブを接続した。

そして、Intel(R) PCI Express Root Port #9 - 9DB0 を無効に設定したのである。
この設定を行うことにより、RX580を使うことに成功したのだ。

devmanager.jpg

※なお、2018年に購入したMacBook Proだと、DSDTテーブルの編集までは必要なさそうだ。

FF14のベンチマークは下記の結果となった。

システム環境:
Windows 10 Home 64 ビット (6.2, ビルド 9200) (17134.rs4_release.180410-1804)
Intel(R) Core(TM) i5-8259U CPU @ 2.30GHz
16228.098MB
Radeon RX 580 Series (VRAM 8172 MB)


SCORE:8811
平均フレームレート:61.122
評価:非常に快適
-非常に快適に動作すると思われます。お好みのグラフィック設定でお楽しみください。

1.jpg

ちなみにFF15のベンチマークはこのようになりました。
ff15.jpg
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Mac(Macbook)でCTRL+ALT+DELが押せない件→やっぱりだめだった [Mac]

ある方に教えて頂きました。
知らなかった・・・

”command + option + delete キーを使用して、Ctrl + Alt + Del キーをシミュレートできない”
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;824627

これでしたね→
「この問題を回避するには、command + option + shift + delete キーを押して、Ctrl + Alt + Del をシミュレートします。 」

へぇーへぇーへぇー。早速試してみます。
ありがとう!

<追記>

試して見た!

だめだった!

これはVirtualPCの話ですな。。


MacBook (Parallels / BootCamp) [Mac]

Apple MacBook 13

Apple MacBook 13" 2GHz Intel Core Duo/ 512MB/ HD60GB/ SD/ White [MA255J/A]

  • 出版社/メーカー: アップルコンピュータ
  • 発売日: 2006/05/17
  • メディア: エレクトロニクス

MacBookを買った。この一台に出来れば環境を集約したいと思ったので、メモリも2GB、HDD120GBの構成で発注。Parallelsも購入した。

実際に試した所、双方にちょっと不安があって未だ環境をこっちに移すのは怖いというのが現状である。

・Parallelsの不安
実際に試してみたところ、相当よく出来ている事は実感した。しかし3D性能は期待できない。
また、Parallelsが作成する標準的なコンピュータの構成で、手持ちのデバイスが動くのかどうかが心配だ。MacOS側でモデムとして認識されているデバイスが動くのか、ゲストOS側でDVD焼いたり出来るのかとか、VPN張れるのかとか、手持ちの色々ばデバイスが動くかどうか検証をしないといけない。

・BootCampの不安
ベータで有るという事。どんな理由で再インストールをさせられるかは分からない。
この辺の管理コストが上がるのはいやだ。
あと、XP入れた後未だに一部の機能が動作しない(無線LANなど)、デバイスマネージャにもいくつか不明なデバイスが残っている。あと、英語キーボードだとなんとCTRL+ALT+DELが押せない(Delキーは有るが、BackSpaceとして動いていた模様、Fn組み合わせてもダメだった)。これは、taskmgr.exeを直接実行する事で対応している。また、IMEの漢字入力切り替えも迷ったが、これは設定を変えることで対応は可能であった。あと、思ったより3D性能は出てなかったかも。このマシンでは3Dあきらめるのも一つの手ではあるなあ。。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。