So-net無料ブログ作成
検索選択

横浜方面から羽田空港国際線早朝便に乗ってみた (JR蒲田からバスに乗って)

GWに台北に旅行に行ってきました。使ったのはチャイナエアラインのCI0223便、
午前7:10発の台北10:00着という早朝便です。

羽田空港に横浜方面から一番早く着く便を色々調べました。
色々ルートも調べましたが、JR川崎と京急川崎の乗り換えがあったりと中々難しい。
大きな荷物を短い距離で移動させつつ一番早く着くルートを考え、今回はバスにしてみました。

以前、羽田空港に行く場合に東急蒲田やJR蒲田から京急蒲田に乗り換える方法という記事にも少し書きましたが、JR蒲田駅からシャトルバスが出来ているんですねえ。このバスは国際線ビルに真っ先に着くため、国際線早朝便に向いてそうです。

このシャトルバスですが、
http://www.keikyu-bus.co.jp/airport/02_05.html
蒲田駅東口を5:10に発車します。上手く行けば、5:20分台に着けるのではないでしょうか。

実際に行ってみました。JR蒲田駅についたら、東口を目指します。
IMG_0779.jpg
東口のエスカレーターを降ります。
IMG_0781.jpg
すると、目の前に横断歩道があるのですが、
IMG_0783.jpg
ここで左を見るとバスの0番乗り場があります。
IMG_0782.jpg
ここが0番乗り場です。
IMG_0785.jpg
料金は270円、毎時10分と40分に出ているようです(2013年4月現在)
IMG_0786.jpg
IMG_0787.jpg
こんな感じのバスが来ました。
IMG_0788.jpg
空港シャトルバス仕様らしく、写真のような上下2段の荷物置き場もありました。
IMG_0790.jpg
私が乗った時は、お客さんも疎らで荷物置き場に大きめの旅行鞄を置く事ができました。
バス乗り場も駅の目の前で、余り歩かなくていいのも良いですね。

で、実際に発車する訳ですが、朝5時という事も有り渋滞もなく、
また、京急蒲田の踏切もなくなった訳でバスは実に快適に進みます。
途中の大鳥居のバス停には5:18に着き、国際線ターミナルの1Fには5:26分に着きました。

そのまま出発フロアにエスカレーターで進み、航空会社に出発の手続きもスムーズに進みました。
バスもなかなか良さそうです。
しかし、電車と違って道路状況が影響しますから、この辺は考慮に入れておく必要があります。

(台湾旅行記の続きは こちら

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。