So-net無料ブログ作成
検索選択

デジカメで撮った3D写真をその場で確認する方法

富士フィルムからFinePix Real 3D W3が発表になりました。


FUJIFILM 3Dデジタルカメラ FinePix REAL 3D W3 FX-3D W3

FUJIFILM 3Dデジタルカメラ FinePix REAL 3D W3 FX-3D W3

  • 出版社/メーカー: 富士フイルム
  • メディア: エレクトロニクス


最近、3D対応のデジタルカメラが発売されるようになりましたが(所持しているNEX-5でも対応になった)、撮った写真は「3D対応のテレビでご覧ください」となっています。その場で確認できないのです。

その点、今回のFine Pixは、「プレミアムクリア3D液晶」が搭載されており、メガネなしで3D画像を確認できる様になっています。これで撮った瞬間に確認できるわけで、各社3D対応のカメラにはどんどん使って欲しいものです。

ちなみに、3D撮影に対応したソニーのサイバーショットでは、面白い方法で3D画像を確認できるようになっています。

http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-TX9/feature_4.html#L2_380

「スイングマルチアングル」と言う機能で、カメラの傾きに同期して画像が入れ替わるという方法を使って3D画像が確認できるようになっているそうです。

「スイングマルチアングル」でYouTube検索するとこんな感じ。

さて、NEXを持っているが3Dテレビを持っていない私はどうすれば良いか。ちょっと調べてみました。

・3Dビューアーを買う

まず一つめは、FinePix 用の3Dビューアーを買うという方法。

FUJIFILM 3Dビューワー FinePix REAL ブラック F FX-3D V1

FUJIFILM 3Dビューワー FinePix REAL ブラック F FX-3D V1

  • 出版社/メーカー: 富士フイルム
  • メディア: エレクトロニクス


これはFinePix用です。しかし、NEXもFinePix同様、MPOファイルが生成されるので、ひょっとしたら使えるのではないかと思っています。しかし、3万を超える価格であることもあり、試すまでには至っていません。


・ノートPCで確認する。

有り難い事に、「ステレオフォトメーカー」というソフトを公開されていらっしゃる方が居ます。

http://stereo.jpn.org/jpn/index.html

このソフトを使って、NEXで作成したMPOファイルを無事表示することが出来ました。
平行法で表示しましたが、VAIO Type Pの超横長画面が役に立ちました。
この用途には携帯性も良いのでType Pも良いかもしれないです。

・iPadで確認する。

「携帯できて」「画面の大きなデバイス」と言えば、iPadがあります。
iPad用のアプリに、3D Camera Studioと言う物が有り、これを使えば平行法などで確認できるとのこと。

3D Camera Studio - Juicy Bits

旅先で直接カメラからiPadに3D画像ファイルを取り込み、それを確認できるかをやってみました。
結果的にはNGでした。

iPadのフォトギャラリーでは、MPOファイルを認識しないのです。
このソフトのFAQにも載っています。

How can I use MPO files from my Fuji FinePix REAL 3D W1 camera?
http://www.juicybitssoftware.com/faq/

結果的には2枚のJPEGの状態にして読み込ませるしかないとの事。
しかし、更なるソフトウエアのアップデートでの対応を考えているみたい。

・プリントする

当日中の確認は出来ないとしても、他の方法もあります。
富士フィルムがFinePix用に3Dプリントをするサービスを行っているらしいのです。

http://fujifilm.jp/personal/3d/print/3dprint/index.html

ただし、
「FinePix REAL 3D W1/W3で撮影した立体写真から3Dプリントを作成するサービスです。 」
となっており、NEXなどで撮ったファイルを受け付けてもらえるかは不明です。
NEXもMPOファイルで生成するので、少しは期待できるのでしょうか。
これは余裕があったら試してみたいなあ。


と、以上、色々と調べてみましたが、現時点ではノートPC+ステレオフォトメーカーという方法に落ち着きそうです。NEXもスイングマルチアングルに対応してくれないかなぁ...

タグ:3D Finepix NEX iPad
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 1

池のカモ

3D対応テレビは、家族のだれからも「買いたい」の声があがりません。でもだいじょうぶ。富士フイルム3D-V1フォトフレームで立体ビジョンが楽しめます。

ソニーのWX5を持っていますが、このカメラからのMPOファイル(静止画)は3D-V1できれいに再生ができています。

by 池のカモ (2010-12-07 15:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。