So-net無料ブログ作成
検索選択

EMOBILEのPocket WiFi(D25HW) 購入 [デジタル小物]

一部で話題になっていたPocketWiFiをゲット。

http://emobile.jp/pocketwifi/

これは何かというと「モバイルWiFiルーター」という製品になります。
要は非常にコンパクトで持ち歩ける無線LANアクセスポイント+ルーター+EMOBILEの回線(下り7.2Mbps / 上り 5.8Mbps)が一緒になったものであり、今までは類似の製品は有ったけれども、ここまで小型でHSPAの高速通信に対応した物は無かった、という事で話題を集めている製品です。

まず外観について
IMG_0488.jpg
かなり小さいです。
IMG_0490.jpg
こちらはVAIO Type PとPSP goとの比較の写真。名刺サイズ位であることが分かるでしょうか。

サイズとしては名刺サイズで80g。かなり小型で軽量です。毎日持ち歩いても負担にならないでしょう。

ちなみに連続動作100時間、連続通信4時間とのことで、充電はACアダプタで4時間USBで6時間とのこと。ちょっと時間かかりますね。また、インターネット接続中はUSBケーブル繋いでも充電されないそうです。

外観についてですが、かなりあっさりしています。ボタンは3つ。

・電源ボタン インターネット接続をオートにしていると電源ONで繋ぎに行くよ
・Wifi/WPSボタン 2秒押すと無線LAN機能のONOFF。5秒押しでセットアップ
・CONNECTボタン インターネットへの接続・切断。長押しすると(5秒)インターネット接続のオートマニュアルの切り替え

通常は電源ボタンしか使わないでしょうね。

あとなぜかマイクロSDのスロットが着いています。



Transcend microSDカード2GB TS2GUSD

Transcend microSDカード2GB TS2GUSD

  • 出版社/メーカー: トランセンド・ジャパン
  • メディア: エレクトロニクス


これはUSB接続した時にしか使えないとの事。

実際にセットアップしてみましたが、どうやるのかと思っていたらいきなり無線LAN接続が可能になっていました。工場でWEPのキーを設定して有るんですね。これを購入時に渡されます。これで繋がるので192.168.1.1の設定ページに行きます。初期のログインパスワードもさっきのWEPキーになっており、アカウント名はadminでパスワードは先ほどのWEPキーを入力して入る事ができました。

ログインパスワードは変えましょう。WEPはナニなのでましな物を。PSPもあるのでWPA-PSK(AES)にしました。

軽く使ってみた感想として、まず、充電が満充電までUSBで6時間、また、「インターネット接続中はUSBケーブル繋いでも充電されない」というのがちょっと期待はずれでした。
それ以外の不満は今の所有りません。

今までUSBのモデムでダイアルアップして居た事考えると、かなり快適になりました。
要は今の家で無線LANに繋いでいる環境をそのまま外に持っていけるという点が便利です。

もちろん、VAIOのType PのUSB端子に不格好な物を挿さなくても良いというのもありますが、利用スタイルの変化がかなり大きいです。モバイルの時に行っていたダイアルアップを行うという儀式が無くなり、家でのコンピュータの利用スタイルを全く変えなくて良くなったのが大きなポイントだと思います。

そのため、例えば今まで屋内でしか使えなかった物の使い道が広がりそうです。
例えばCyberShot Gシリーズや、Eye-Fi Share などのカード。






これはデジカメが無線LANで通信を行う機能を持つ事で、オンラインの写真共有サービスに自動的に写真を送信する事ができる様になる製品です。これは今まで屋内の無線LAN環境が想定されていましたが、この場所の制限が無くなる訳です。撮った場所からすぐアップロードなど出来るようになるかもしれません。(Eye-fiの方はカメラ単体でのアップロードまでは出来なかったかもしれません)


もう一点重要なのが、PSP goがどこでもネットワークに繋がる様になる事です。PSPに12/10からコミック配信が始まったり、ネットワークサービスが強化されます。折角携帯性の高い端末なんだから、これが家の中でしか使えないのはもったいないです。PocketWiFiさえあれば、どこでも接続する事が出来る訳です。これは大きなメリットでしょう。

そして、屋外で快適に使えそうな事が分かったので、Type Pと自宅のデスクトップでメールフォルダなどをDropboxなどで随時syncを行うことで、共有して使う事を考えています。今まではType Pを「お出かけ用」として整備していましたが、これからは普段使いの環境を何処にでも持ち出すという方針で整備をしようと思っています。

と、夢がひろがりんぐな状態なのですが、EMOBILEに新規に加入する方は料金体系だけはあらかじめ知っておいた方が良いかと思います。特に2年以内に買い替えや廃止を考えている場合です。

私は、USB型のデータカード端末を持っていたので機種変更をしようと思っていたのですが、そういう制度はEMOBILEには無いそうなんです。ですので、別途回線を新規契約する様な形を今回とりました。

これはどういう事かというと、加入していた二年契約のプラン、これは通信が殆どない「寝かせ」を行った月は月額1000円ですむと言うプランなのですが、これには解除手数料が設定されています。

http://emobile.jp/popup/kaijo.html

この額を見ると分かるのですが、2年間が経過するのに合わせて減額していく解除手数料がかかる事が分かります。ですので、例えば月額1000円で2年経つまで寝かせていても、今すぐ解約しても払う金額は余り変わらない、と言う事が起きうる事になります。

加入する時には、月額の最低料金にしか目が行かないと思いますが、この点も注意しておいた方が良いかもしれません。

また、2年が経過すると、自動的に別のプラン(おそらくベーシック)に変更される事も注意です。

EMOBILEはPocketWifiの様な商品を出すので大いに期待しているのですが、料金体系だけがちょっと気になります。また、上記の様なことを契約する時に自分が注意していたら納得できていたのかも知れません。何かのお役に立てればと思ってこの点は記載しました。













nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。